今回は天の騒乱が相手です。
デッキは以前の典韋型から楽進OUT→李典IN。
この形は前にもやっていたのですが、デッキポテンシャルは楽進の方が強いのでしばらく使ってませんでした。
ですが、最近この形をやって刺さりまくっていたので弓を多くして調整したという形です。

天の騒乱は昔の呂姫型の時も現在の侯選も、この知力2をピン水計だけでかなり戦えます。
今回の様に2・5コス槍が入れば、狼顧1~2回のタイミングの相手の騒乱を、ゲージ3分の1で凌げば、赤→青(増援)→赤でまず勝てます。
騎馬単型であれば、1コス騎馬で端攻めして同じく3回目の狼顧のタイミングで神速闘攻もしくは転進再起を士気差作りに利用すれば驚くほど簡単です。

最近は傀儡賈詡が入っていない形も多くなってきたので、侯選の計略のデメリットを理解して水計ゲーしましょう。
傀儡の入りのときは傀儡↑があるので、騒乱打たれてすぐ水計打つのではなくて、ちょっと耐えて武力上がってない部隊の兵力減らしてから打つと楽です。
あと、天の騒乱使われる前に侯選や天属性じゃない部隊を水計で流せると、天の騒乱をほぼ無効化できるので、余裕のあるとき狙ってみると良いかもです。

これからも戦国大戦の順番待ちの暇つぶしにやっていこうと思います。

2 Thoughts on “【三国志大戦】狼顧達人を目指して5-6 ニコ動動画あり #3594t”

  • いつも虎狼デッキ参考にさせてもらっています(典韋、李典入り真似させてもらっています)

    ところで、だいたいが4回計略後の全体強化が勝っておられますが自分ではその方法が難しいので別の方法で勝った対戦の動画とかないでしょうか?

    もし、あったら別のパターンも参考にしたいのでよろしくおねがいたします。

  • >>Spike。さん
    すいません。長い間コメントに気づかずに居ました。
    単純に考えると、典韋李典入の構成は、士気12からの3->4の狼顧で大幅な攻城を取るのがデッキのコンセプトなので、それ以外は難しいです。

    相手に知力1の2コスト以上がいれば、序盤引き気味に立ちまわって、相手の下がり際に水計で知力1削除で押し込めたりもできます。

    最近プレイしていないので過去の動画を時間があるときにみてみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です