麺や ぼくせいのもやしおらーめん

大変です!

第三水曜即興舞台(正式:名森下仁丹プレゼンツ第三水曜即興舞台2017「こんなはずじゃなかった。」) を紹介しようと思ったのに公式サイトが見つかりません!

というわけで色々紹介して怒られないように予防線貼っておこうと思います。

#第三水曜即興舞台 hashtag on Twitter

司会のサミットクラブさんのブログ

 

どんな内容なのか?

このタイトルにも書きましたが良い意味でカオスな舞台。

仕組みとしては、お笑い、俳優女優、アイドルの中からある程度の量の人たちがエントリーしていて、それらの人が出れるときに年4回まで出て、得点を競うという即興のお芝居を展開します。

その月に集まったメンバーの中から、くじ引きで3チームに分かれて、どのチームが一番面白かったをお客さんが投票で決めるという参加型の舞台です。

毎回、チーム優勝(メンバー全員1点)、MVP(個人2点)、準MVP(個人1点)の得点(星)が与えられ、年末には成績上位者だけで行う最終決戦もあります。

 


 

どんなところが面白いのか?

インプロ(即興)の舞台とは言いながらも、専業インプロヴァイザーがいるわけではない舞台です。ですが、それぞれ一芸のある人たち。自分たちの得意分野の応酬のすれ違いがすごく楽しい。

 

化学反応といえば抽象的です。しかし、それがしっくり来ます。俳優さんたちが演技力を見せつければ、お笑い芸人の方がボケまくり、アイドルの人たちは魅力を押し付ける。そんなすれ違いがシチュエーションコメディっぽく場を盛り上げます。

 

 

https://twitter.com/rinasa__n/status/897813761548967936

人狼TLPT推しの人たちに向けて

自分の推しの人狼TLPTからはハイラム(澤田拓郎)、カチュア(中村裕香里)キンバリー(はぎのりな)がエントリーしてます。

正直「面白くなかったら推しといえど投票しない」と決意を固めつつ行くわけですが、幸運なことにみんな毎回活躍してくれて、3人のファンとしては非常に面白いものが見れる舞台になってます。

TLPTの舞台で培ったインプロ力で、8月終了段階で、1位はぎのりな(8点)、2位澤田拓郎(7点)という主役の働きをしてます。面白くないわけがない。

3人のファンはぜひ検討を。

 

多分年内もう2回くらい行くと思います。

ではでは。今日はこれまで。

 

#アイキャッチ画像は適当なのがなかったので、下北沢の「麺やぼくせい」さんのもやしおらーめんの画像貼っておきました。素材がなかった

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です