新宿御苑にて

最近、一眼レフカメラにはまってます。正確にいうと静止画像にはまってます。きっかけは、二つのイベントです。

題名(title)のないモノクロ展

ねこの京都展

大好きな人狼TLPTゆかりの役者さんたちが開催したモノクロ写真展と、ねこの京都というなかで、動いているもの、生きているものを止める写真がすごく好きになりました。

とにかく最近は、いろいろなところに一眼レフをもって撮りまくってます。

新宿御苑温室にて
新宿御苑温室にて


新宿きゃりこの猫たち

新宿きゃりこのはるまき 新宿きゃりこのゆず 新宿きゃりこのヒュウガ 新宿きゃりこのやしろ
カメラワークショップで撮影した写真

河野奈々さんとシャボン玉  ローアングル撮影に夢中な橋本顕さん
 

もともと映像に関しては趣味も職業的にも一定の知識はあって、撮影などもしていたのですが、静止画像に関しては「映像から書き出すもの」という認識でした。

しかし、映像だと、本当に好きな一瞬に気づくことができない、また、表現として映像はリアルさを追求することに中心があるものに多く携わっていました。

なので、構図や、光の表現などによっての表現が作品全体を通して一つのテーマがあることが多い中、静止画は、被写体に自分の表現乗せて、一瞬で自分の伝えたことを伝えることができる全く違うものだと気づかされました。

動いているものの一瞬を切り取る

新宿御苑のスズメ
稲荷様の背景に鳥居を

京都伏見稲荷大社にて
 

今後は、一瞬に表現を乗せて伝える技術を磨くために、暇を見つけては写真をとっていきたいと思ってます。アクアパーク品川でイルカのナイトショーとか撮りたいですね。あと、(撮影可能であれば)人狼会のみんなの真剣な表情とか撮りためてみたい。

ちなみに使っているのはこのカメラです。もともとは10数万円のカメラなのですが、モデルチェンジで新しいのが出たらしく、家電量販店だと4万〜5万円くらいで一世代前とはいえ、10万円越えのカメラが買えます。押してくれたヤマダ電機のめっちゃ詳しい店員さんありがとう。



 

ではでは。新しい趣味の紹介でした。

今日はこれまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です