2014_tadeIcon_small_jinro

2014年の薫平さんの話題といえば、次のような感じです。
  1. AppBankにはまった。
  2. モンストにはまった。
  3. 4月に体調を崩した。
  4. 対面人狼(人狼TLPT)にはまった。
  5. 三国志大戦TCG2年連続全国大会出場&予選大会優勝した
  6. リアル脱出ゲームやARGを始めた。

AppBankにはまった。

マックスむらいさんにハマったわけではないです。(キッパリ)
社員の方の空気や、動画に出ている皆さんにハマりました。最近はバイヤーチャンネルが凄く楽しいです。
色々意見はあると思いますが、有名税的なアンチに負けず、これからも楽しい動画を楽しみにしています。

1月にモンストを始めた


今年。モンストには、激ハマリしました。あくまでパズドラのスタミナ回復の間のゲームだったのですが、通勤電車の中で遊ぶという点でパズドラより圧倒的にUIに優れていたのが、理由だと思います。

後で、スクショとったブログを別途上げたいと思います。

 

6月に対面人狼を始めた(人狼TLPTを観始めた)

昨日人狼ルームでも話題に上がったのですが、タディ(人狼やるときの薫平さんの名前)の対面人狼を始めたルーツは、将棋棋士人狼→マドックPP返し→人狼TLPTのSTEAMを生観劇→人狼TLPTのDVD(賢者コーダIW)を観てその人狼プレイに感動して、始めたのがきっかけです。赤月の人狼さんのイベントに参加させて頂いたのが最初です。

それから、人狼TLPTをたくさん見て、まさかの人狼TLPPで、客前で人狼をプレイする機会をもらって、それからたくさん人狼やりました。

簡単に戦績を(TLPTルールのみ)
そして、同村頂いた全ての皆様、ドイツゲームスペーつ始め、GMやイベントを企画運営いただいた全ての皆様に感謝です。


 

4月にめちゃくちゃ身体崩した。

Twitterには投稿していなかったけど、4月に日常生活ができないレベルで、体調を崩しています。左肩が全く上がらなくて、何もしなくても激痛が走っている状態でした。

行きつけの整体の先生には、精神疲労の量が半端じゃないといわれ、精神的なものだということに愕然としました。何とか回復しましたが「植物に慣れ、何も考えずに居ろ」と言われたのは、人生の中で初めての経験でした。

三国志大戦TCGの全国大会明けで、かつ、仕事が忙しい時期であったりとか、プライベート仕事両面で疲労は溜まっていたのは間違いないです。

しかし、自分的には、このぐらいの疲労は、自分の中で人生の「精神疲労してたランキング」10位にも入らないくらいのものなので、年齢によるアレを通関した出来事でした。

かなり回復しましたが「無理をしたらヤバイ」緊張感と日々戦っている状況です。

実は、この影響もあり、人狼は、月に4回(誘われたら+1回まで許容)と決めています。ゲームは全て勝ちに拘ってしまう性格なので、やり過ぎないようにしています。

3月の三国志大戦TCGの全国大会に出場した。そして、それから半引退状態になった。

三国志大戦TCG覇業への道2014の仙台予選大会で優勝し、全国大会に二年連続出場することが出来ました。


この時期、前述の通り、仕事でも重要な時期と被っていて、デッキもパクリスペクト、ほとんど準備なしという状況で、特攻状態でした。

何故勝てたのかといえば、15年移譲前からやっていたMTGから始まるTCG経験値としか言い様がない。

その後、一部を除きTCGは休止しています。理由は、対面人狼が楽しすぎて、優先順位が下がっているからと、体調管理です。

しかし、先月プレイマットも取得していますし、やりたい気持ちはあるので、全国大会シーズンは、旅行を兼ねて顔を出そうと思っています。



たぶん、また、ほぼ無練習の特攻を決めることになるんだろうなと思ってます。

 

リアル脱出ゲームやARGを始めた。

GWに札幌に規制した際に、たまたま、空席が出たために参加した、オリエント急行からの脱出、阿佐ヶ谷アニメストリートでやっていた金田一少年とのコラボARGを含めて、多くのリアル脱出ゲームに参加させていただきました。

自分は、元々この手のものは一般人よりは強いと思っていたのですが、そんな生ぬるい世界ではなかったです。事前準備や役割配分、なにより本気度が試されます。非常に良いので、会社でのレクリエーション的なものに非常にオススメです。

来年は、もっと頻度高めたいと思っています。



 

これだけ色々書きましたが、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です