社内人狼会準備

9月6日に社内のメンバーで人狼会をやってみました。

リアルで毎日のように顔を合わせるメンバーで、嘘をつく人狼ゲームってどうなるんだろうかと思いつつ、準備万端で望みました(アイキャッチ画像参照)

やっぱり、投票は、薔薇だよねー(TLPT信者)

素人なので、役職薄い人狼をやるのも想定していたのですが、狂人がいない人狼は個人的に面白く無いと思っているので、下記ようなバランスです

MAXで、9人、人間3、予言者1、霊媒師1、騎士(狩人)1、狂人1、人狼2

人間少ない。4釣り3人外2人狼というバランスですが、初心者ばっかりの回だったので、役職を覚えるのと、騙りやすい環境を作ってみましたが、やっぱり人狼が初心者だと語らないですね。

細かい流れなどは敢えて書かないですが、長年連れ添った上司部下の関係の二人で、上司が部下の嘘を見抜くとか、メタゲーム的な要素が強い人狼になりました。

内輪ネタが入る人狼は、それはそれで楽しかったです。

同じフロアに居ても、ほとんど話すことがないメンバーと話す機会を作れるので、頻繁じゃなく定期にこのようなレクリエーションをするのは、非常に良いですね。思ったより、「上司に票が入らないといった」

次回は、何時になるかわかりませんが、13人人狼(いわゆるTLPTルール)でやりたいなと思います。

うちの社長が書いている同じ人狼会のレポはこちら→今話題の人狼ゲームをやってみた

 

では、ここより一人反省会。

 

良かった点

  1. フジテレビの人狼のカードの品質が良かった。(他にもいくつか持っているけど、カードデザイン説明書コスパ全てにおいて、最強だった。)
  2. わりとみんなガチでゲームに拘ってくれた。
  3. 最初の嘘つき自己紹介は続けたい(同じテーマについて、話してもらい、人狼だけが嘘をつくというやり方。人狼TLPTの自己紹介と同じ。)
  4. 打ち上げも、その話で盛り上げられるほど、楽しめた。
 

良くなかった点(主に主催者である自分の)

  1. facebookイベントがゴミすぎた。(もっと色々設定できたらいいのに)
  2. 会場の事前準備が足りなかった。(会場の階の告知ミスとか)
  3. BGMの準備が出来ていなかった(TPLTのサントラ買ったので、次回以降は対応可能)
  4. 時間設定などが複雑過ぎた。(もっとシンプルに)
  5. アプリとカードを混合して役職名の理解が難しくなった(騎士or狩人、多重人格 or 狂人 or 裏切り者)
  6. 告知期間が短すぎた(最低でも、一ヶ月前にはしたい)
 

ちなみに、今回使ったカードとアプリはコチラです。

 



 
人狼ゲーム “牢獄の悪夢”
カテゴリ: ゲーム
現在の価格: 無料
 

 

こんな感じで。今日はこれまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です