「Xiタブレットモニターキャンペーン」に当選し、TwitterやFacebookにレビューを書いてきましたが、キャンペーンも終わったし、そろそろまとめておこうと思います。


総評:2012/01 時点でのAndroidの10.1インチTabletとしては、あればおそらく日本一


iPad(第三世代)との比較:RetinaDisplay分iPad側が優位だが、LTE契約前提であれば、防水機能とあわせて勝負にはなる。


結果、かなりの高評価でした。


自分は、趣味的にも仕事的にも色々な端末を触る機会が多いわけですが、2010年発売のAndroidTabletとは比べ物にならないぐらい品質が良くなっており、RetinaDisplayによる画面の解像度の違いがなければ、かなりの部分でiPadを凌いでいると思います。


良い点は、主には下記の点です。
・防水機能(ただし、Simカードの蓋はちゃんと締めること)
・ワンセグ
・IME(iPadのIMEがゴミ過ぎる)
・軽い(iPadより軽い)


逆に問題となるのは
・バッテリー(スリープ時のバッテリー消費量)
・ブラウザの品質(これはAndroidOSの問題かも)


今までAndroidTabletは、Android好きの俺としてもiPadの完全下位互換と思って来ましたが、その認識を変えるに十分な品質でした。


後は、現在の軽量を維持しながらバッテリー問題に関して真摯に取り組んでいただければ、事実上のiPad独占状態にあるTablet市場のシェアを奪っていけると思います。


我が家では、iPad第三世代と共に、wi-fi接続で活躍中です。


そのレベルの端末です。


ただし、ARROWSTab本体という視点ではなく、「Xiタブレットモニターキャンペーン」という視点では、当選してから明らかになる条件が多すぎて、企業に関しては不信感をいだきました。


条件そのものは特別におかしいものではないので、最初から開示しておいても良かったと思います。


ではでは、今日はこれまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です