すっかりtwitter中毒になってしまい、こちらの更新がおろそかになってしまいました。
続きです。


前回自分が書いた携帯公式サイト→出会い系サイトの誘引の流れは次の流れです。


1.公式サイト広告から無料サイトへ誘引する
2.非公式無料サイトから出会い系サイト(もしくは出会い系サイトのキャンペーンサイト)のURLが含まれるメルマガを発行する
(ここで、もう一つカモフラージュにサイトを挟む場合もあります)
3.出会い系へ
一見遠回りに見えますが、これが大きな収益を生むのです。


先に似て非なる例上げます。
懸賞サイト→出会い系サイト誘引の例です。

どれだけの認知度があるのかは分からないですが、懸賞サイト→出会い系誘引の流れは以前からあります。
具体的にどこと言うのは訴訟リスク的にも書くのは難しいですが、興味のある人は「懸賞サイト 出会い系」でググっていただければ、結構ヒットすると思います。


この流れは単純なものが多く、懸賞サイトに応募するにはメールアドレスが必要なため、ユーザーはメールアドレスを入力する必要があります。このメールアドレスに出会い系の広告メールを送ったり、今はあるのかどうか知りませんが、いわゆる「同時登録」としてユーザーが懸賞サイトに応募するために入力した情報をそのまま出会い系のデータベースに入力し会員化してしまう例もあるようです。


懸賞サイトは不景気のせいか至る所に見かけられます。
例えば大手ポータルサイトの携帯版サイトの広告枠や、大手SNSの広告枠に懸賞サイト「◯◯が当たる!」という画像リンクを見かけないでしょうか?
クロスワードなどの雑誌媒体でも見かけることも多いと思います。


このように、一旦別のサイトを切り口にしてメールアドレスを取得し、出会い系につなげるという流れは、以前より有ります。
(もっと以前は直接出会い系の広告が貼られていましたが)


この流れが公式サイトにも存在するのです。
上記懸賞サイトの例は1つのクッションを間に挟んで出会い系に誘引しています。
しかし、公式サイトは各携帯電話会社のパトロールの目が光っているため、このように直接誘引してしまうと、その誘引を行ったCP(前回の日記参照)は公式サイトの運営の権限を剥奪され、訴訟に発展してしまうでしょう。
実際に取り消されたという会社の話は聞きませんが、新規サイトの企画が行えなくなるというペナルティが与えられている例があります。


では、出会い系業者はどうやって公式サイトから出会い系サイトにユーザーを誘うのか?
それが、上記項目でいうところの2「メルマガ」です。
各携帯電話会社の目は、リンクで繋がるWEBページは(繋がっていなくても)行き渡りますが、メルマガまでは現在行き渡っていないのです。


出会い系業者はユーザーのメールアドレスを取得した際には、すぐにメルマガを発行しません。無料サイトで取得したメールアドレスに対してメルマガを発行するまで、ある程度の期間をおきます。一ヶ月か、二ヶ月か、それは業者により様々ですが、この期間に寄り、パトロールの目を逃れているのです。
この手法は「寝かせる」などといわれています。


もともと、非公式のサイトよりも公式のサイトのほうがユーザーが多く訪れます。
このように一見遠回りに見えても、非公式サイトと公式サイトでは訪れるユーザーの総数が大きく異なり、業者に取っては美味しいマーケットとなっているようです。


次回に続きます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です