昨日はFirefox VS Chromeの話題を書いた。
改めて見ると、Firefoxのアドオンの紹介にしかなっていないような気もするが、気にしない。

今日は、その流れでthuderbird3に入れているアドオンを健忘録ついでに晒してみる。
画像はクリックで拡大します。
thunderbird addon


自分はプログラマとしてこの業界に入ってからthunderbirdとBeckyしかメールソフトは使ったことがないです。
しかもBeckyは、派遣時代の派遣先の指定で一時期使っていただけ。
outlookはどうも「もっさり」していて使う気に慣れず、thunderbirdをずっと使っています。

thunderbirdは3になってから非常に重さを意識しなければならず、自分も必要アドオンを精査長い間していました。
そして、行き着いたのがこのアドオン群です。
簡単にご紹介。


・Change quote and reply format
返信時のヘッダをカスタマイズできる。ビジネスメールを送る人には便利。


・CompactHeader
thunderbird3になってからHead領域が見づらくなったため導入。メールのヘッダを見やすくしてくれる。


・GoogleContacts
Gmailとの連絡先同期用。あればクラウドとローカルで連絡先を同期できて非常に便利。


・Lighting
・Provider for Google Calendar
thunderbirdとGoogle Calendarがこの二つで同期可能。
余計にブラウザを開かなくていいので便利だし、ぶっちゃけWEBのGoogleカレンダーよりUIが自分好みです。


・MarkSubfolder
大量のメールを処理する自分のようなPMには嬉しいサブフォルダ一括既読機能。


・Remove Duplicate Message
重複メールを削除する。
不要メールを削除し、軽量化につながる。


・SQLite Manager
SQLiteのReindex用。定期に実行しないと、thunderbird3はどんどん重くなっていく。
大量のメールを扱っている自分のようなユーザーには必須。
これを使わないならthuderbird3より2を使った方がマシだと自分は思っています。


・QuickText(写真では見切れている)
定型文挿入用。
——————————
株式会社〇〇
××様
——————————
なんていうのを保存できるので、作業時間短縮に。


以上ですね。写真にはフィルタのexport/impor用のアドオンが入っていますが、あんまり使ってないです。
自分はショートカット拡張系のアドオン(例えばNostalgy)は使わない派なのでこんな感じです。
ショートカットのカスタマイズって「環境変わったら無駄になるよね?」という自分の中での?をクリアできないので使わないです。

何かの参考になれば。
ではでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です