正月家でがっつり開発しようと思って、eclipseの3.7をインストールしてみた。
Macにインストールは初めての経験。(Mac OS X 10.7.2)

※下記は作業時点の情報です。情報が古い場合がありますのであしからず。


■WEBからダウンロードしたもの
pleladesのMac版は無いようなので、本家からダウンロード。
http://www.eclipse.org/downloads/
Eclipse Downloads
Eclipse Downloads


 
 
 
 
 
 
 

日本語化用にpleladesの標準版JRE無しをダウンロード。
http://mergedoc.sourceforge.jp/
Eclipse 3.7 Indigo Download
Eclipse 3.7 Indigo Download


 
 
 
 
 
 

AndroidSDKをgoolgeからダウンロード。
http://developer.android.com/sdk/index.html
Android SDK   Android Developers
Android SDK Android Developers


 
 
 
 
 
 

これで下記の3つの圧縮ファイルがあるはず。
android-sdk_r16-macosx.zip
eclipse-java-indigo-SR1-macosx-cocoa-x86_64.tar.gz
pleiades-e3.7-java_20110924.zip

 
■インストール手順
GUI面倒なのでshellで。
(自分はrootユーザー以外のユーザーで作業しています。)
ソースの解凍。pleiadesはdropinsフォルダのみ日本語化のためコピー
sudo tar -xvf ~/Downloads/eclipse-java-indigo-SR1-macosx-cocoa-x86_64.tar.gz -C /Applications
sudo unzip ~/Downloads/android-sdk_r16-macosx.zip -C /Applications
sudo unzip ~/Downloads/pleiades-e3.7-java_20110924.zip
sudo cp -ra ~/Downloads/pleiades-e3.7-java_20110924/eclipse/dropins/* /Applications/eclipse/dropins/
eclipse.iniの書き換える。dropinsにパスを通す。

#viで編集
vi /Applications/eclipse/Eclipse.app/Contents/MacOS/eclipse.ini

#最終行に下記を追加
-javaagent:../../../dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
-clean
※-cleanは初回以外不要

#.profileを作成し、環境変数へtoolsのパスを設定
vi /User/{UserDirectory}/.profile
PATH=$PATH:/Application/android-sdk-macosx/platform-tools


Eclipse起動。日本語化を確認。
続いてAndroidSDKの設定。
ヘルプ→新規ソフトウェアのインストールで下記のように入力。

新規ソフトウェアのインストール
新規ソフトウェアのインストール


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

手順に従ってインストール。
つづいて、DDMSとADBの設定。
以前はtools以下にあったabe.exeが初期には無いので、UPDATEを行う。
{AndroidSDKHOME}/tools/android update sdk

これでADV Managerが表示されるので、開発するAPIをインストール。
※全部入れようとすると何時間も掛かるので注意。いまさら1.6のAPIとか入れても意味ないよね?
これでDDMSが正常に動けば一通りの作業は終了。
DDMS
DDMS

 
 
 
 
 
 



今日はこれまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です