最近Firefoxからchromeに乗り換える話で盛り上がっていますが、自分はまだFirefox派です。
携帯サイト開発者としてはuser agent偽装アドオンの欠如がやっぱりきつい。

FireMobileSimulator
User Agent Switcher
modify headers

どれかひとつでもあれば完全移行できるんですが。
FireBugsとかは「デバッガーコンソール」でなんとかガマンできるんだけど。
そんな自分は、現在は用途によって使い分けるしか無いと割りきっています。
開発はFirefox,ブラウジングはchromeです。
このブログも基本chromeで書いています。

そんなふうに書くと、FirefoxはUA偽装拡張さえあればchromeの下位互換みたいですが、実際のところFirefoxは最適化すれば十分に早いと自分は感じています。
自分が行っている高速化作業はつぎの3つのみですが、それで十分にchromeと大差ない速度です。

・user.jsによる対クライアント最適化
・FasterFoxによる最適化(RFC8、ターボチャージャー)
sqlliteを定期的にデフラグ


この3つで完璧だ~
・・・・・・と思ってたら、こんなアドオンできていました。
SQLite Optimizer


あなたが神か。
これでコマンドプロンプト開かずにsqlLiteのデフラグができていうことなし。


そんな感じで、色々なところで話題になっている FireFox VS chromeの話題。
開発者の自分としてはカスタマイズや最適化を行う前提でまだFirefoxに1票です。
なにせ、最適化さえ怠らなければ、そんなにスピードの違いは気にならない。

こんなこと言うと「じゃあ開発者じゃない自分はchromeでいいや」ってなるんでしょうけどね。
それはそれで正解だと思います。


最後に健忘録を含めて、自分のFireFoxのアドオンを晒しておきます。
(自宅PCのです。会社のPCには上記User Agent Switcherとmodify headers、Mobile Barcoderとが加えて入っています。)
もし、なにかの参考になれば。

画像はクリックで拡大します。
Firefox_Addon

※2010/03/31追記
職場のFireFoxのアドオン画像
Firefox_Addon_Business 
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です