2010年11月から受注案件でEC-CUBEを用いた案件に携わってきました。
そこで出た問題点や必要改善点に関して、簡単にまとめていきます。
基本的には受注側、ソリューションする側の視点で書いています。

その1はコチラ


・価格表示の問題
eccubeには価格表示が二種類存在します。
販売価格と通常価格です。
二種類存在することは、セールなどに使う目的なので問題ないのですが、商品詳細に金額が表示される際、販売価格は税込で表示されるのに対し、通常価格は税別で表示されます。別に表記的に違法ではないのですが、ECサイトの運用としては気になる点です。改修が必要とされるクライアント様は多いと思います。


・送料の個別設定について

送料の個別設定ができません。
例えば、1000円の商品一つで500円の送料がかかる場合、複数注文してもEC-CUBE上は送料が500円と表示され、実際の決済でも500円しか課金できません。
また、この問題は異なる商品を注文する問題にも直結しています。商品別に設定ができないのです。これはEC-CUBEを用いてECサイトを作る際に陥る大きな問題点の一つです。


・バックアップについて
新しいヴァージョンのEC-CUBEには、デフォルトでDBのバックアップの機能はついているのですが、自動化はされません。サーバ側の設定が必要です。
工数計上としては見落としがちな点です。


・売上集計機能の集計条件について
テストで作成したログを削除する作業は、サービスイン前にはつきものです。
しかし、EC-CUBEの場合、期間別集計と年代別集計は集計データの論理削除でデータが削除出来ません。

具体的に言えば下記の辺りの話です。
eccube/data/class/pages/admin/total/LC_Page_Admin_Total.php
$objPage->arrResults = $objQuery->select($col, $from, $where, $arrval);

よって、受注ログとは別に集計テーブルのデータを削除する必要があります。


今日はここまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です