その一はコチラ

韓国の金浦空港まで東京から約2時間程度。
そのまま歓迎バスに乗って宿泊先のMillennium Seoul Hilton(ミレニアムソウルヒルトン)へ。

途中の街並みは看板も標識もほぼハングル文字。
英語よりも圧倒的な威圧感があった。
英語だったら単語の羅列でなんとなく意味はつかめるけど、そもそも読めないというのは大きな心理的負担。
もちろんヒアリングも出来ないけど、英語は単語を羅列して筆談がある。
しかも、ハングルは翻訳するのに、翻訳アプリケーションに入力する方法すらわからない。

そんなハングル文字に囲まれながら、ミレニアムソウルヒルトンへ。
中に入ると、真正面には足場に囲まれた巨大なクリスマス・ツリーが。

「せっかくなら完成してから来たかったな」などと思っていたら、翌日には点灯していました。

別角度

最初見て思い出したのは、子供の頃見た「ホーム・アローン2」のクリスマス・ツリー。
なんだけど、帰って調べたらあのクリスマス・ツリーは屋外だった。
それぐらい自分は「海外のクリスマス・ツリー」=ホーム・アローン2のイメージが強いんだなと実感。

写真だと大きさがつかみにくいかもしれないけど、おそらく5m以上はゆうにある。
このツリーを見ただけでも韓国に来た甲斐はあると少し思った。

その他にもクリスマス・デコレーションが至る所に。
お菓子の家とかもあったりして。

そんなクリスマスの色に染まったミレニアムソウルヒルトン。
もうひとつの楽しみは朝食ビュッフェ。
色々な人から「このホテルの朝食は神」と聞いていたのだが、いや、本当に凄い。

品数は100はゆうに超えているし、なにより、一つ一つの質が高い。
例えばフルーツはメロン、スイカ、パイン、梨、オレンジなど色々並んでいたけれども、どれも凄い鮮度。
肉も魚も無造作に置いてあるものが、全部すごくて、初日は6皿食べてしまった。
おかげで2日の夜の焼肉が全然入らなかった。


カジノも覗いたけど、流石に写真や動画はNGなので(イカサマ防止的に)画像はない。
でも、マカオに比べればアジアの空気がした。
今回は予定も詰まっていたし、カジノは他の人がやっているのを見るだけでした。

今回の韓国の宿は非常に良いホテルで満足。
部屋が異常に乾燥していたけど、それも枕元の設定で何とかなったし、満足の行くものでした。


続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です